Articles about surfing

6,771 views

【サーフィン初心者】サーフボードの正しい選び方・サイズについて

サーフィン

「サーフィン」と聞くと、颯爽と水面を滑り、カッコいいターンを決め、勢いよく水しぶきを上げる…といったようなイメージがあると思います。 実はそのようなサーフィンのイメージは ほとんど「ショートボード」によって行われています。 サーフボードには大きく分けて3つのボードがあります。 ・ロングボード ・ファンボード ・ショートボード では、今からサーフィンを始めたい人はどのボードがおすすめなのか? 多くのサーフィン関連の情報サイトでは 初心者は「ロングボード」か「ファンボード」がおすすめと言われていますが 結論!どれでも問題ありません! とはいえ、何を基準に選んでいいのか分からないと思いますので、 この記事では、それぞれのメリットやデメリットをお伝えしていきます。 ”ボード選びで大事なのは「長さ」と「浮力」です。”   ロングボード【安定感抜群で始めやすさ◎】 まずは、ロングボードです。 その名の通り、3種類のボードの中で最も長いボードです。 長さは270cm以上なので、ボードの幅も広く、一番浮きやすいボードです。 サーフィンを始めるにあたって、一番最初に苦戦するのが「テイクオフ」です。 テイクオフとは波に合わせてパドリングをして、滑り出すまでの工程ですが、 浮力が小さいボードでは上手く波に乗ることができないものです。 しかし、ロングボードはすでに浮力があるので 初心者でもテイクオフがしやすく、ボードに乗ったあとも安定感があるので 波に乗る感覚やサーフィンの楽しさを感じられるのがメリットです。   デメリット 上でもお伝えしたようにロングボードは270cm以上のボードになります。 そのため、持ち運びが不便だったり、家に置いておくと幅を取ったりと 管理面で困ることが多いです。 また、車で海まで向かう際は、車の大きさによっては 積載できず、車の屋根に乗せるといった運び方になるのがネックです。   ファンボード【万能型で初心者人気◎】 続いてはファンボードです。 3種類のボードのなかで、「長さ」「浮力」と最もバランスの取れたボードで 初心者人気の高いボードです。 長さはおよそ200cm以上270cm未満で、 ショートボードとロングボードと中間にあたります。 みんなそうですが、初心者の時から大きな波で練習することはほとんどありません。 まずは小さな小波でテイクオフや滑る感覚を身に着けるので、 小波でもテイクオフするために「浮力」が必要になります。 そんな時にベストなのがファンボードです。 ある程度の浮力は欲しいけど、ロングボードほど長いと邪魔になる。 そう考えてる方も多いと思います。 そのため、「浮力」「長さ」とバランスの取れたファンボードが 初心者に人気となっています。   デメリット 始めは良いのですが、少し乗れるようになってきて カットやターンなどの細かい動きをしたくなったときに 物足りなさを感じるかもしれませんね。 それでも、汎用性は高いので、一枚持っていて損はないと思います。   ショートボード【機敏性に優れ、カッコよさ◎】 3つ目はショートボードです。 言わずと知れたといった感じで、サーフィンを想像したときに 真っ先に思い浮かぶのがこのショートボードだと思います。 ショートボードの魅力は何と言っても「機敏性」 サーフィンにはいろいろな技があり、細かい動きや、 高度なテクニックを求めるならショートボードが必須です。 サイズで言うと、主に160cm~190cmくらいのボードです。   デメリット ショートボードは機敏性に優れてはいますが、 その分、長さが短く、幅も狭いので浮力が弱くなっています。 サーフィン経験がある程度あって、よりスキルアップしたい人や 技のバリエーションを増やしたいという人にはおすすめですが、 初心者の方がいきなり浮力の小さいショートボードを買ってしまうと 中々波に乗ることができず「サーフィンが楽しくない…。」と感じてしまうかもしれませんね。   サイズの見方 いざ、サーフボードを買おうと思ったけど サイズの見方や、どのサイズが自分に合っているのか分からないという方も多いと思います。 記事の冒頭でもお伝えしましたが、サーフボードを選ぶ時に大事なのは 「長さ」と「浮力」です。 まずは「長さ」についてですが、 「5'8"」みたいな見慣れない数字になっていますよね…。 サーフボードの長さはft(フィート)とinch(インチ)で表記されています。 1ft=30.48cm 1inch=2.54cm つまり、5'8"は5ft(フィート)8inch(インチ)となり 長さを計算すると(5×30.48)+(8×2.54)=172.72cmになります。 ロングボードやファンボードを検討している方は心配いりませんが、 もし、ショートボードを検討している場合は 始めは自分の身長よりも大きいボードを買うことをおすすめします。 続いて「浮力」についてですが、主に体積、容量の大きさになり、L(リットル)で表記されていて、 自分の体重の何%かで「浮力」の大小を判断することが多いです。 【目安】 上級者:30%~35%程度 中級車:40%~50%程度 初心者:50%~70%程度 あくまで目安なので、参考程度ですが 初心者の時は自分の体重の50%以上のボードにすることで しっかりとした浮力を得られ、テイクオフも比較的スムーズにクリアできます。 とりあえずはこの「長さ」と「浮力」さえ抑えていれば 「乗れない~」「テイクオフができない~」なんてことにはならないと思います。   まとめ サーフィンを始めた人ですぐにやめてしまう人の多くは ”自分に合ったボードを選んでいない”ことがほとんどです。 体重80kgある初心者の人が、20Lしかないボードを選んでしまうと 浮力がないのでパドリングもしんどいし、ボードも沈んでしまいます。 始めは波に乗る気持ちよさ、サーフィンの楽しさを実感するためにも 少し余裕をもった「長さ」「浮力」をボードを選んでみてください。 始めは安いボードでも問題ありません。 少しずつ慣れてきたらボード選びにも力を入れましょう。  

Japan's Popular Sea Ranking